Mirroir - ミロワ

Mirroirが手がけたイベントや企画を
ご紹介します。

Beautyチャージ@表参道
〜食べて、メイクで美しさに磨きをかける〜

Share twitter / facebook

event01_p01去る9月28日表参道のLE WATOSAにて、大人ガールズのためのBeautyイベントを開催しました。
マカダミアナッツには、あの小さな1粒にMirroirの私たちが摂りたい成分がギュッと詰まっています。イベントではそんなマカダミアナッツの魅力を聞き、さらには役立ち度100%のメイク法も教えてもらいました。

 

マカダミアナッツに含まれるパルミトレイン酸で
ハリとツヤのある肌に

event01_p02イベントには、ブロガーの方々をはじめ、20名ほどの美を探究する女性に集まっていただきました。
その女性にマカダミアナッツの栄養価や効果効能など、キレイとの関係性についてビューティーアドバイザーの生井理恵先生にお話いただきました。

私たち人間になくてはならない三大栄養素といえば、炭水化物、たんぱく質、脂質。マカダミアナッツにはこの3種はもちろん、ビタミンB群、葉酸、カルシウム、カリウム、ビタミンEなど、女性のキレイを助けてくれる栄養素が詰まっています。
なかでも特筆すべきは、良質の脂「パルミトレイン酸」が含まれていること。パルミトレイン酸には高い抗酸化作用があり、老化の原因と言われる酸化から体を守ってくれるアンチエイジング効果があると言われています。
他にも、肌にハリとツヤを与え保湿をもたらせてくれる効果や、血糖中のコレステロール値を減らしてくれるという作用、血管を元気にして脳卒中を防いでくれる効果も。

event01_p03マカダミアナッツには、Mirroirの私たちが気になる美容や健康に効果がある栄養素がたくさん詰まっています。
1日にわずか4~5粒のマカダミアナッツを食べるだけで効果があるそうなので、ぜひ実行してみましょう。

 

 

おやつに食事に。毎日の食生活に。
マカダミアナッツを食べよう!

event01_p04ナッツ類は脂が多くて…と思いがちですが、パルミトレイン酸はノンコレステロール。マカダミアナッツは噛みごたえもあるので少量で満足感を得ることができます。そのためダイエットにも効果的なのだそう。
そのままでも美味しいマカダミアナッツですが、クセがないので、和洋中どんな料理とも相性が抜群。「ぜひ料理に活用して」と生井先生。
「マカダミアナッツをビニール袋に入れて、コップの側面などでたたいて砕いたものをフライパンでロースト。サラダのトッピングに使っても、シンプルな炒め物にプラスしても美味しいですよ。ハンバーグの中に入れれば食感も楽しめます。細かく砕いて揚げ物の衣にしてもいいですね。」
料理に加えるのはもちろん、お菓子やジュースに入れるのもおすすめです。
「アボガド1/2個、梨1個、オレンジの果肉1個分、小松菜30g、ヨーグルト50mlのグリーンスムージーに砕いたマカダミアナッツを5粒程度入れても飲みやすいですよ。このレシピにはマカダミアナッツをはじめ、抗酸化力に長けた野菜と果物がバランスよく配合されています。キレイをがんばる女性に飲んで欲しい、エイジングジュースですのでぜひ試してみてください。」

event01_p05会場では、生井先生のレシピとは異なるスムージーとクッキー2種を青山のカフェCafé Maduが提供してくれました。
作り方をオーストラリア・マカダミアナッツ協会のホームページにアップしているので、ぜひ作ってみてくださいね。

レシピはこちら>>

 

美肌になったらメイクも楽しくなる!

event01_p06マカダミアナッツを食べて、美しい素肌を手に入れたら、メイクもぐっと楽しくなります。生井先生のお話の後に、LE WATOSAの化粧品を使ってプロとしてフリーで活躍中のメイクアップアーティストの大坪真人さんに、メイクのコツをうかがいました。

「化粧水をつける時も、朝と夜で使い方を分けるといいでしょう。夜はしっかりと保湿できるように手で丁寧に肌に浸透させるイメージで。朝はコットンなどでパッティングをするとメイクの持ちが良くなります。」
また、メイク前にマッサージをすることでクマやクスミが緩和されるとのこと。「WATOSAの『アズレニア プロテクト パーフェクションクリーム』もおすすめです。乾燥の気になるこれからの季節には、寝る前にも顔はもちろん、デコルテやボディまでマカダミアナッツなどのオイルを使ってマッサージすると効果的ですよ。」

event01_p07マッサージの方法は、
まずは目の周りからはじめ、顔全体を中央から脇に向かってマッサージ。その後、耳の後ろから首筋を上から下にさすり、リンパを流していきます。最後にデコルテ部分も揉み、リンパを流します。顔のリンパは首筋からデコルテ部分を通って流れて行くので、ここもしっかりと揉みほぐすようにします。
マッサージによって肌が元気になり、メイクのノリも格段と良くなるそうなので、早速実行してみましょう。

「ベースメイクは手で伸ばすのが基本。ファンデーションも手で伸ばすことによって、肌との密着度が高くなります。手で伸ばしたら、三角スポンジで整えましょう。三角スポンジの角部分を上手に使うことで細部をしっかり仕上げられ、毛穴にもファンデーションがしっかりと入ります。また、スポンジで余分や油分をとることができる上、ファンデーションの量も調節できるのがスポンジを使うメリットです。」
手とスポンジのダブル使いによって、ファンデーションが長持ちする=崩れにくいメイクになるそう。これはぜひ取り入れたいテクニックですよね。

event01_p08また、目の下のクマやシミを隠すために使うコンシーラーの効果的な使い方も教えていただきました。
「クマやシミを隠そうと明るい色のコンシーラーだけを使うのはいい方法とは言えません。クマやシミより濃い色でトーンを落としてから、明るい色をつけるときれいにカバーできます。また、白のハイライトを顔の骨格の高い部分(Tゾーンや頬骨など)にのせると顔に立体感が出ます。さらに、ホウレイ線に塗るのもおすすめです。視覚効果でホウレイ線が目立たなくなるんですよ。」
このほかにもメイクレッスンでは、Mirroirの私たちにぴったりなアドバイスをたくさん聞くことができました。

イベントの内容についてはオーストラリア・マカダミア協会のホームページで紹介しています。
オーストラリア産のマカダミアナッツなどが当たるキャンペーンを実施しているので、ぜひご応募くださいね。

生井理恵先生

ベジフルビューティーアドバイザー 食育マイスター ジュニア野菜ソムリエ
「やさい美人」主宰「ベジ活」主宰
野菜と果物が体に果たす役割の大きさと、食べることを楽しむココロの大切さを様々な世代に伝えることを目的に講演、セミナー講師、コラム執筆など多岐にわたり活躍中。また、レストランとのコラボレーション料理教室を開催。
オフィシャルホームページ「やさい美人」

http://www.yasai-somu-rie.com/

LE WATOSA 表参道店

「大人の女性にチャームを届けるための化粧品づくり」をコンセプトしているLE WATOSA。
今回は表参道店でイベントを行いました。
持っているだけで楽しく“美しくなる”予感を与えてくれるようなパッケージに包まれた化粧品の数々は、見ているだけでも幸せな気分に。日本製であるが故に日本人にぴったりの美しい色のメイク用品が並びます。美を探究しに、ぜひショップへ足を運んでください。

東京都渋谷区神宮前4-13-12 1F/B1
TEL:03-5772-3311
営業時間:11:00~20:00

http://www.watosa.com/

Café Madu

青山にあるフレンチスタイルのオープンカフェ。
心地よい空間とサービスの良さで、大人がのんびり過ごせると評判です。フードも充実していて、ランチタイムを目当てにくる人も。伝統的なフランス菓子をベースにした手作りのスイーツも人気で、店内ではもちろん、テイクアウトにも対応しています。
今回のイベントで、スムージーとクッキーのオリジナルレシピを考案いただきました。

東京都港区南青山5-8-1セーヌアキラビル1F
TEL:03-3498-2891
営業時間:11:00~23:00(日曜・祝日は22:00) 年中無休