Mirroir - ミロワ

Mirroirが手がけたイベントや企画を
ご紹介します。

Beauty Night@表参道の隠れ家レストラン
オーストラリア・マカダミアナッツで大人のバレンタイン・パーティ

photo by 井手康郎
Share twitter / facebook

event03_p012013年1月11日copon norp表参道にて「大人のSt.Valentine’s day presented byオーストラリア・マカダミア協会」が開催されました。
ファッションプロデューサーの干場義雅さんと、ライフスタイルジャーナリストの大栗芙実子さんのトークショーが行われ、マカダミアナッツを取り入れた生活から恋の話まで、会場は大いに盛り上がりました。

 

さわやかなスパークリングワインでパーティーがスタート

event03_p02男女合わせて総勢100名の方が参加してくれた今回のイベント。1階で受付を済ませたら2階の会場へ。お酒が飲める方はスパークリングワイン「CATUMA」、お酒が飲めない方はフランス産ミネラルウォーター「Contrex」でまずは乾杯。
「CATUMA」は、厳選されたオーガニックハーブとフルーツの豊かな香りが特徴。リースリング種のワインがベースで微炭酸のやさしい喉越し。これから始まるパーティへの期待感が膨らみます。

ゲストの大栗さんはとても美しい肌の持ち主。その秘訣は、マカダミアナッツ!大栗さんは普段から小腹が空いた時のために、マカダミアナッツを鞄に常備して持ち歩いているとのこと。噛んだときの独特の甘みが好きで、ナッツ類の中でも特に美容効果が高いので優先的に選んでいるのだそうです。
対する干場さんもマカダミアナッツが大好物。なぜなら、写真でもお分かりいただけるように、干場さんは大の“日焼け好き”。日焼けによる肌の老化を防ぐために、毎日数粒食べているとのこと。マカダミアナッツは抗酸化作用が強いので、日焼け防止にもなりますね。

event03_p03さらに大栗さんからは、マカダミアナッツのアンチエイジング効果を高める食べ方を教えていただきました。マカダミアナッツに豊富に含まれるパルミトレイン酸の美容効果をアップさせるためには、ビタミンCとEを一緒に摂ると良いのだそう。ビタミンCは抗酸化力をさらに引き上げるのに有効な栄養素。さらにビタミンEはビタミンCとセットで摂ることで不足している栄養を補ってくれる働きがあります。
料理で例えるなら「ブロッコリーとマカダミアナッツの炒め物」。マカダミアナッツとビタミンCが豊富なブロッコリーを、ビタミンEを含む上質なオリーブオイルで炒めるだけ。さらにニンニクを加えれば風味も増し、体温を上昇させてくれると良いことづくしです。シンプルで手軽にできるビューティメニューなので、ぜひ作ってみてください。

お2人のトークはまだまだ続きます!トークショーの詳しい内容はコチラ>>

 

ファッションも料理も恋も「良質」にこだわって

event03_p04干場さんがファッションで大切にしていることは、“何かひとつ「良質なもの」を取り入れて、全体のバランスを考える”ということ。高価なものばかりで揃えるのではなく、バランスよく良質(上質)なものを加え、全体をキュッと引き締めます。
大栗さんは料理をする上で、例えばオリーブオイルを選ぶ際も、“値段ではなく品質や鮮度などが良質なものを選ぶ”とのこと。料理は高価な食材ばかりを組み合わせればいいというものではありません。数ある素材の中から、最も良質なものを見抜き、組み合わせられることが大切なのだそうです。
ファッションと料理と、全く違うジャンルのプロフェッショナルのお2人ですが、「良質(上質)」なものを見抜く力とバランスを考えることが共通点でした。さらにお2人が「良質(上質)」にこだわる点がもうひとつ。

event03_p05大栗さんからの「それ(良質を見抜くこと)は恋愛も通じます?」との問いに干場さんは、「そうですね。恋をすることで女性は見違えるほどきれいになるというのは、本当だと思います。愛すること、愛されること、どちらも効果的なのですよね。きっと」と。これには会場にいた女性たちも、うなずきながらうっとり。トークショーで一番の盛り上がりを見せました。
良質な恋は美容にはもちろん、生活全般に良い影響を与えてくれます。大栗さん、干場さん、そしてミロワも“良質な恋”を推奨します。

トークショーの詳しい内容はコチラ>>

event03_p06また、大栗さんからは、今回のイベントのために考案してくれたレシピが発表されました。オーストラリア・マカダミアナッツをふんだんに使った“良質なバレンタインレシピ”「セミフレッド」。ビタミンCとEが入った、ビューティースイーツです。ふわっと軽い口当たりと、マカダミアナッツの食感が楽しいお菓子を、バレンタイン・ナイトにみんなでいただきました。
オーストラリア・マカダミア協会のホームページでは、さらにもう1品レシピを公開しています。今年のバレンタインに作りたいスペシャルスイーツです。

マカダミアナッツのレシピは全部で3品!詳しくはコチラ>>

event03_p07トークショーの後は、オーストラリア・マカダミアナッツを使った、copon norp表参道のオリジナルメニューの試食タイム。
「マカダミアナッツと鶏肉のフリット ブロッコリーとオリーブ添え」「魚介のショートパスタ~マカダミアナッツペーストを使ったジェノヴェーゼソース~」「パストラミビーフとマカダミアナッツのハムスのサンドウィッチ」「パテ・ド・カンパーニュ ~マカダミアナッツのピクルス添え~」のおつまみが4種。デザートには「マカダミアナッツとベリーのブランマンジェ」「マカダミアナッツのミニチョコカップケーキ」「メープルチーズケーキ ~マカダミアナッツ添え~」の3種が並びました。
どれもマカダミアナッツをふんだんに使った美しく、美味しいものばかり。珍しいマカダミアナッツのピクルスが登場には、みんなびっくり!。ほどよい酸味とマカダミアナッツの甘みのバランスが良くワインとの相性も抜群。とても好評だったので、今回は特別にレシピを教えていただきました。オーストラリア・マカダミア協会のホームページに掲載しているのでチェックしてみてください。お酒のおつまみとしてはもちろん、箸休めにもなる嬉しい一品ですよ。

ピクルスのレシピはコチラ>>

 

event03_p08楽しかったパーティーの最後は参加してくれた皆さんに、お土産を。
気になる中身は、Nuts Factory「For single Malt MACADAMIA」(浅煎りしたオーストラリア産マカダミアナッツ)」「CATUMA LIGHT」、CLEAN「ウォームコットン オードパルファム」「B4F(ブランズ・フォー・フレンズ)インビテーションカード」を全員に。さらに女性限定でrolian mille「下着用ランドリーネット & 2013年カレンダー」をプレゼントしました。

お別れは階段に灯されていたMOR「シノワズリ キャンドル」の優しい香りとほのかな明かりに包まれながら。最後まで笑顔が耐えないパーティでした。

 

イベントの内容についてはオーストラリア・マカダミア協会のホームページで紹介しています。
オーストラリア産のマカダミアナッツなどが当たるキャンペーンを実施しているので、ぜひご応募くださいね。

copon norp表参道

フレンチ・イタリアンをベースにした料理が人気の東京・表参道にあるレストラン。ニューヨークSOHOに佇む倉庫がイメージで、店内はシガーやお酒を楽しむ「BAR」、しっかりとした食事がいただける「DINING」の2スペースに分かれています。
2013年2月1日(金)から3月30日(土)までは、オーストラリア産の殻付きマカダミアナッツを自分で割って食べることができます。“世界一硬い殻”を割る体験をしてみませんか。

住所:東京都渋谷区神宮前3-15-11
Tel:03-6406-3833
営業時間:ランチ 12:00~14:00(予約制)、ディナー 18:30~22:00(L.O)
定休日:日曜・祝日(パーティー、イベントは応相談)

http://coponnorp.com/omotesando/index.php

ナビゲーター
干場義雅(ホシバヨシマサ)

ファッションディレクター/クリエイティブディレクター 東京都出身。東京で3代続くテーラーを営む家庭に生まれ、幼少期からファッションの英才教育をうけて育つ。BEAMSの販売経験を経て、雑誌の編集者に。 2010年に独立。“ライフスタイルで生まれる上質な装い”を得意とし「移り変わる流行よりも、普遍的な美しいスタイルを」「多くの粗悪な物ではなく、少しの良い物を」という哲学を元に、数々の男性誌・女性誌で活躍。その傍ら、企業の商品開発やブランディング、コンサルティングなどにも従事している。

http://bellissimoblog.luxurytv.jp/

ゲスト
大栗芙実子(オオクリフミコ)

ライフスタイルジャーナリスト/ピアニスト・作曲家・編曲家
東京都出身。3歳よりピアノを始め、音楽大学を卒業後コンポーザーピアニストとして全国各地でツアー活動を開始。
BIO(オーガニック)と出会い、食事を通して自身の体質を改善したことをきっかけに、食のクリエイターに。「次の日に残らない食事」をコンセプトで、東京を一望できる1日1組限定の会員制レストラン「RISTORANTE OKURI」をプロデュース。現在は音楽・食にとどまらず、美容・ファッションなど、トータルライフスタイルジャーナリストとして各分野で活躍中。

http://fumiko-okuri.com/